バルビゾン派 絵画 購入 販売  メールでのお問い合わせはこちら
 
昨日 今日


https://www.youtube.com/watch?v=LXUiPYbtkKg

ミレー原画の複製版画解説

19世紀の優れた版画彫師によるバルビゾン派巨匠版画作品展

居眠りする羊飼いの少女 1869年作 シャルル=エミール・ジャック(1813~1894)










当社パンフレット
 作品紹介冊子① 作品紹介冊子② 
作品紹介冊子③
01-ジョルジ・ミシェル 02-コロー 03-ドカン 04-ディアズ・ドラペニャ- 05-トロワイオン 06-ジュールデュプレ- 07-ルソー
08-シャルル=エミール・ジャック 09-ミレー 10-レオン・ビクトールデュプレ 11-ドービニー 12-クールベ 13-イポリット 
14-シャルル=フェルディナン・セラマノ 15-シェノー 
16-レオンリッシュ- 17-ルイ・エメ・ジャピ 
18-ポール=デジレ・トゥルイユベール 19-クロード=ジョセフ・ヴェルネ
 20-アントワーヌシャントルイユ

【バルビゾン派とは?】

バルビゾン派(バルビゾンは、École de Barbizon)は、
1830年から1870年頃にかけて、フランスで発生した絵画の一派である。

フランスのバルビゾン村やその周辺に画家が滞在や居住し、
自然主義的な風景画や農民画を写実的に描いた。1830年派とも呼ばれる。



ミレー『落穂拾い』(1857年、オルセー美術館)などが有名

【主な画家】
コロー、ミレー、テオドール・ルソー、トロワイヨン、エミール・ジャック、
ディアズ、デュプレ、ビクトール・デュプレ(弟)、ドービニー、の
9人が中心的存在で、「バルビゾンの七星」と呼ばれている。

広義にはバルビゾンを訪れたことのある
あらゆる画家を含めてそのように呼ぶこともあり、総勢100人以上に及ぶ。

なお、写実主義の画家と位置づけられるクールベは
バルビゾン派には含まれていないが、
同派と交流しフォンテーヌブローを描いた作品もあることから、
関連する重要な画家と位置付けられている。



バルビゾンの画家達
フランスの19世紀は激動の時代であった。
ナポレオンの帝政、ブルボン王朝の復活、
七月革命、七月王政、2月革命、共和政府の樹立等が相次ぎ、
さらに産業革命が急速に進行して、人々の生活を根底から覆していた。

その激動の時代に、自分の手で自分の道を切り拓き、
今もなお多くの人々に愛され、親しまれている名画を残した画家たちが輩出した。
彼らはそれまでのフランス美術にはあまり見られなかった、
田園風景、働く人々、牛や馬や羊をありのままに描いて、画壇に新風を巻き起こした。

 彼らはパリ郊外、フォンテーヌブローの森の片隅にある
バルビゾンの村を根城とし、勤勉、自由、平等、友情を尊んで、
自然に囲まれて素朴な人生を送った。バルビゾンの村は
人口300足らずの小さな農村であったが、彼らを慕って
多くの若い画家達が押し寄せ、画家の村を形成した。

 彼らは個性を重んじ、派閥を作ることをしなかったが、
当時の新古典主義派の過度な理想化を捨て、
ロマン主義派の誇張を排し、観たものをありのままに
描く自然主義の立場をとった。併し彼等の試みた仕事は
ひとつの主義に収まるものではなく広範囲に及んでいるため、
彼等は彼らの愛した村の名前に因んで、
バルビゾンの画家と呼ばれて親しまれている。

ルソー、ミレー、コロー、ディアズ、デュプレ、
トロワイヨン、ドービニー、ジャック、らがその中心であり、
クールベ、ドーミエ、ドカンらも彼らの仲間に入れられている。



【フォンテーヌブローの森とは?】


パリの南東約60キロのところにある、
フォンテーヌブローの森のはずれにあるバルビゾン村に
1824年頃から定住し、或いはガンヌの宿に常宿して、
それまでフランス美術にはあまり見られなかった、
田園風景、農民の働く人々、牛や馬や羊をありのままに描いて
画壇に新風を起こした画家達を「バルビゾン派」と称している。








【バルビゾン村とは?】

パリの南東約60キロのところにある。
フォンテーヌブローの森のはずれにあるバルビゾン村。

人口300足らずの小さな農村であったが
自然をしたって多くの若い画家達が押し寄せ画家の村を形成した。

彼等は個性を重んじ派閥を作ることをしなかったが
当時の新古典主義派の過度な理想化を捨て
ロマン主義派の誇張を廃し、見たものをありのままに描く
自然主義の立場を取った。

しかし、彼らの試みた仕事は
一つの主義に収まるものではなく広範囲に及んでいるため
彼等は彼等の愛した村の名前にちなんで
バルビゾンの画家と呼ばれている。














【バルビゾン七星とは?】
バルビゾンの7人の画家達に、<プレイヤード>の名が冠されたのも、
もちろん彼らが<前プレイヤード>と似たような功績を残したからである。

彼らは歴史画や宗教画を因習的に描く伝統を廃し、
農民や羊飼い、 動物や樹木や山野など身近なものを描くことによって、
生き生きとした親しみやすい絵画を生み出していった。

彼等の努力によって、絵画は誰にでも理解されるようになり、
誰からも愛されるようになっていったのだった。

バルビゾンのプレイヤードたちの人生は、 それぞれの苦悩の歴史でもあった。

彼らは、彼らの絵画と同じく、自らの人生を、 自らの手で創り上げたのだった。


---バルビゾン七星---

(1)ジャン・バティスト・カミーユ・コロー
Jean-Baptiste Camille Corot (1796~1875)

詳細はこちら 取り扱い作品


(2)ナルシス・ヴィルジル・ディアズ・ド・ラ・ペニャ
NARCISSE-VIRGILE DIAZ DE LA PENA (1807~1876)
詳細はこちら
 取り扱い作品


(3)コンスタン・トロワイヨン
Constant Troyon(1810~1865)

詳細はこちら
 取り扱い作品


(4)ジュル・デュプレ
Jules Dupre(1811~1889)

詳細はこちら
 取り扱い作品


(5)ピエール・エティエンヌ・テオドール・ルソー
Pierre-Etienne Theodore ROUSSEAU(1812~1867)

詳細はこちら 取り扱い作品


(6)シャルル・エミール・ジャック
CHARLES-EMILE JACQUE(1813~1894)

詳細はこちら
 取り扱い作品


(7)ジャン・フランソワー・ミレー
JEAN-FRANCOIS MILLET(1814~1875)

詳細はこちら
 取り扱い作品


(8)シャルル・フランソワ・ドービニー
Charles-Francois Daubigny(1817~1878)

詳細はこちら 取り扱い作品


(9)レオン・ヴィクトル・デュプレ
LEON-VICTOR DUPRE(1816~1879)

詳細はこちら
 取り扱い作品
また、デュプレは兄弟で七星と言われている。


以上9人

※最近では9名が七星と呼ばれるようになってきた
厳密にはコローに変えてジャックと言われる説もあり


※バルビゾンの画家たち



【バルビゾン派の画家たちの関係性】

彼らは個性を重んじ、派閥を作ることをしなかったが、
当時の新古典主義派の過度な理想化を捨て、
ロマン主義派の誇張を排し、観たものをありのままに
描く自然主義の立場をとった。併し彼等の試みた仕事は
ひとつの主義に収まるものではなく広範囲に及んでいるため、
彼等は彼らの愛した村の名前に因んで、
バルビゾンの画家と呼ばれて親しまれている。

ルソー、ミレー、コロー、ディアズ、デュプレ、
トロワイヨン、ドービニー、ジャック、らがその中心であり、
クールベ、ドーミエ、ドカンらも彼らの仲間に入れられている。
  




【バルビゾンの画家達】
フランスの19世紀は激動の時代であった。
ナポレオンの帝政、ブルボン王朝の復活、
七月革命、七月王政、2月革命、共和政府の樹立等が相次ぎ、
さらに産業革命が急速に進行して、人々の生活を根底から覆していた。

その激動の時代に、自分の手で自分の道を切り拓き、
今もなお多くの人々に愛され、親しまれている名画を残した画家たちが輩出した。
彼らはそれまでのフランス美術にはあまり見られなかった、
田園風景、働く人々、牛や馬や羊をありのままに描いて、画壇に新風を巻き起こした。

 彼らはパリ郊外、フォンテーヌブローの森の片隅にある
バルビゾンの村を根城とし、勤勉、自由、平等、友情を尊んで、
自然に囲まれて素朴な人生を送った。バルビゾンの村は
人口300足らずの小さな農村であったが、彼らを慕って
多くの若い画家達が押し寄せ、画家の村を形成した。



【公式ブログ】

http://ameblo.jp/barbizon-ha/


Copyright(C)バルビゾンの風. All Rights Reserved.